マネーコラム

辛口レビュー!mybluの吸いごたえは?実際に使って感じたメリットデメリット

最近はやっている電子タバコ

なかなか辞めれないけど、健康や周りへの影響を考えると…とアイコスやプルームテック、グローなどにする方も少なくはありませんが
先日発売になった「myblu」はどんな電子タバコなのか気になりませんか?

実は私も店頭に置かれていたパンフレットをみてから気になっていました。

  • アイコスなどと違って、たばこ葉を加熱するタイプではない
  • ベイプと呼ばれる電子タバコでニコチンやタールは含まれていない

というもの。

今回はこのmybluを購入したので、吸った感じや使い方などを詳しくご紹介します!

mybluを買おうか迷っている方、ぜひ参考にしてくださいね!

mybluで禁煙ができるか

私は禁煙できるかな、と期待してmybluを購入しました。

アイコス・プルームテックと使ってみましたがどれも物足りなかったり香りが嫌で使わなくなりましたがmybluはニコチンが入っていないため
プルームテック以上に物足りなく感じました。

また、アイコス・プルームテックよりも煙が多く、たばこっぽいくない香りがして、たばこを吸っているとはまた違った感じがします。

これで禁煙できるかと聞かれれば、私は物足りなく感じて禁煙はできないと思いますし、これならアイコスの方が良いかなと考えています。

mybluとは

mybleは

  • たばこじゃない
  • 燃やさない
  • 害が少ない

ニコチン・タールを含まないベイプという新しいカテゴリーのものです。

従来のたばこやアイコス、プルームテックとの違って
加熱しない、ニコチン・タールが含まれていない
ので、たばこのにおいが衣類や髪につくこもないですし
たばこのにおいがニガテという方も、様々なフレーバーの香りを楽しめます。

フレーバーは

  1. ストロングメンソール
  2. メンソール
  3. グリーンアップル
  4. アイスベリー
  5. たばこ味
  6. アイスミント
  7. カフェラテ
  8. チェリークラッシュ
  9. マンゴーアプリコット
  10. たばこバニラ

と種類豊富。

マンゴーアプリコットやたばこバニラなど、ちょっと想像できない香りのものもありますが、良い香りがしそうなイメージです。

≪mybluのカートリッジは1箱920円≫
mybluのカートリッジ(フレーバーポッド)は1個で約300回の吸引ができます。
※吸引回数は吸う強さなどによって個人差があります。店頭などで販売されているカートリッジ1箱に、フレーバーポッドは2個入り
1箱920円で売られています。
フレーバーポット1つあたり460円と、普通の紙巻タバコと同額程度
ちょっと高いなぁという印象です。

mybluの購入するきっかけ


発売前にコンビニでパンフレットをみて気になっていましが、加熱式たばことはまた違った商品なようなので購入するか迷っていました。

フレーバーの種類が多いのは魅力ですが、たばこの代わりになるかどうか不安でしたし
フルーティーな香りやコーヒーのような香りがするものを吸いたいわけではないのでどうしようかと思っていました。

が、夫が気になるから、と購入することになりました。

購入したのはコンビニの店頭
ネットでの販売価格同額の2700円でした。

実際に使ってみて感じた6つのメリット・4つのデメリット

では次に実際に私がmybluを使って感じたメリットとデメリットをご紹介します。

6つのメリット

  • たばこくさくない
  • ニコチン・タールが含まれていない
  • 簡単な使い方でメンテナンスが不要
  • 連続で吸うことができる
  • 灰や吸い殻などのゴミがほとんどない
  • 充電時間が短く、1回の充電で約300回吸える

一番のメリットは「たばこのにおいがしない」というところでしょうか。
髪や衣類につくにおいが苦手という方も多いと思うので、喫煙者としてはこれは嬉しいですよね。

ニコチンと発がん性物質と言われるタールが含まれない点も大きな魅力。

アイコスと違ってメンテナンスが不要、カートリッジを取り換えるだけなので使うのも簡単です。

また、紙巻たばこやアイコス・グローとは違って連続で何度でも吸うことができますし、1口2口吸ってやめることもできますし
灰や吸い殻などのゴミがないです。
ゴミがでるときといえば、カートリッジを取り換えるときだけですね。

1回の充電時間が短いのに、約300回吸えるので充電にかかる手間もなくなります。

4つのデメリット

私が感じたデメリットなので、他の方はどう感じるかわかりませんが、4つのデメリットをご紹介しますね。

  • 健康への影響があるかどうか、データが十分ではない
  • たばこを吸っている感じがしない
  • 消耗・故障することがある
  • フレーバーポット1箱が高い

一番気になるのが、健康への影響があるのかどうか。
販売されるようになってから、それほど経っていないVAPE、健康への影響があるかどうかはデータが少なすぎてわからないそうです。
健康被害が少ないと言われてはいますが、販売されているVAPEの中には発がん性物質が含まれた粗悪品があったということなので、今販売されているすべての電子タバコ・VAPEに健康被害がないとは言い切れませんが、今後は健康被害へのリスクが少ないと証明されるのではないかなと思いますが、現時点ではハッキリしていないため、デメリットと考えています。

次にたばこを吸っている感じがしない点。
ニコチンやタールが含まれていないため、たばこ感がないのだと思いますが、やっぱり物足りないと感じます。

またアイコスやグロー同様、mybluも機械なので壊れることがあります。
といってもアイコスに比べると故障しにくいとは思いますが…。

さらに気になるのはフレーバーポッドの値段。

たばこ2箱買うと思えば、それほど値段はかわりませんが、1箱で920円はちょっと高いなぁという印象。
フレーバーポッド1つでたばこ1箱分以上吸うことができると聞きますが、吸い方にもよるでしょうし、決して安いとは言えないかなと思います。

mybluを購入しました


こちらがコンビニで購入したmyblu


中に入っていたのは以下の3点

  1. 本体
  2. フレーバーポット
  3. 充電


プルームテック・アイコスと本体の長さを比較してみました。
プルームテックが一番長く、mybluはアイコスより少し短いです。
あまり長すぎてもポーチに入らないこともあるので、ちょうど良いサイズかもしれません。


手に持ってみるとこんな感じです。

mybluの使い方

ではさっそく、mybluの使い方を紹介していきます。

購入後は充電されていない状態なので充電してから使います。
充電は付属の充電ケーブルを本体・コンセントに差し込むだけ。

購入した際に同封されていた充電ケーブルは片側がUSBポートの形になっていますが、コンセントで使えるアダプターがついていなかったため、アイコスで利用しているアダプターを利用して充電しています。


ランプが赤く点灯しているときが充電中
ランプが消えれば充電完了となります。

充電が終わったらフレーバーポッドを差し込み、吸うだけです。

プルームテックとたばこ、mybluはどれがが高い?1か月間のたばこ代を計算してみた

気になるのが毎月のたばこ代。

紙巻たばこ・プルームテック・アイコス・mybluの4種類の中では、どれが一番安く済むのでしょうか。

1日20本のたばこを吸うとして、1か月のたばこ代を計算してみました。

紙巻たばこ マルボロBox1箱510円×31日=15810円
プルームテック たばこカプセル1個:約50回吸える
1日2個カプセル消費と仮定:1か月で62カプセル消費
1箱490円÷5カプセル=1カプセル98円
98円×1日2カプセル=1日196円×31日=6076円
仮に1か月13箱(65カプセル分)購入したとして…1か月:490円×13=6370円
アイコス アイコス1箱500円×31日=15500円
myblu フレーバーポッド1個:300~350回吸引可能
たばこ1本あたり15回の吸引と仮定:約たばこ20本分でフレーバーポッド1個
フレーバーポッド2個:920円、1個当たり460円
1個460円×31日=14260円
仮に1か月16箱(32カプセル分)購入:14720円

1か月のたばこ代だけでみてみると、プルームテックが一番安い計算になります。

アイコスと紙巻たばこでは、それほど大きな違いはありませんでしたが、お選びになる紙巻たばこの銘柄によっても金額が異なるので
目安としてお考えいただければ幸いです。

mybluだと紙巻たばこよりは安く済みますが大きな差額がでていませんし
mybluと紙巻たばこではニコチンやタールが含まれているかいないかも変わりますし、mybluでいいな、と思えれば良いのですが
私はmybluを使ってみても「やっぱりアイコスや紙巻たばこの方がいい」と思います。

mybluはどこで買えるの

では最後にmybluはどこで買うことができるのか、販売している店舗の一部をご紹介します。

  • ネットショッピング
  • コンビニ
  • 公式オンラインショップ

すぐに手に入らなくてもいいからなるべく安く、できればポイントがたまった方がいいな、という方はAmazonや楽天などのネットショッピングでの購入がおすすめ。
Amazonや楽天では2700円と店頭販売価格と同額にて販売されていましたがそれぞれポイントがたまります。

コンビニですと2700円で販売

公式オンラインショップでもスターターキットが2700円

≪画像引用元:myblu公式サイト

新規ご購入キャンペーンとして、スターターキット・フレーバーポッド1箱・本革スリムケースが低下の20%オフでお試しいただけるセットがあります。
こちらはスリムケースの色がネイビーとブラックの2色から選ぶことができ、お値段が4400円となっています。

mybluのまとめ

いかがでしたか?

禁煙できるかな、と思い使ってみたmybluですが、紙巻たばこやアイコスとは違いすぎて私はこれで禁煙することは難しいということがわかりました。

mybluは紙巻たばこやアイコスと違い、ベイプと呼ばれる電子タバコの一種でニコチンやタールが含まれていません。
吸ったときの感じや、香りもたばこやアイコスと違い、様々なフレーバーがあります。

たばこの香りではなく、甘い香りのフレーバーが多くmybluを吸っても「良い香り」がするので、周囲の方にたばこのにおいが苦手という方がいらっしゃっても不快感がないかもしれませんね。

私がmybluを購入するきっかけとなったのは、コンビニに置いてあったパンフレット
気になるね、どんなのだろうね、と夫と話していたら、夫がmybluを購入して帰ってきました。

実際に使ってみて私が感じたメリットが以下の6点

  1. たばこくさくない
  2. ニコチン・タールが含まれていない
  3. 簡単な使い方でメンテナンスが不要
  4. 連続で吸うことができる
  5. 灰や吸い殻などのゴミがほとんどない
  6. 充電時間が短く、1回の充電で約300回吸える

デメリットは以下の4点

  1. 健康への影響があるかどうか、データが十分ではない
  2. たばこを吸っている感じがしない
  3. 消耗・故障することがある
  4. フレーバーポット1箱が高い

使い方は簡単で、アイコスのように壊れやすいわけではなさそうなのですが
やはりニコチン・タールが含まれていないのでたばこを吸ったのとは違う感覚で私はあまり好きではありませんでした。

健康への影響はほぼないと言われていますが、ハッキリと害がないとは言い切れないですよね。

次に1か月のたばこ代試算。
こちらは1日20本吸うと仮定し紙巻たばこ・アイコス・プルームテック・mybluの1か月のたばこ代を計算してみました。

紙巻たばことアイコスでは大きな差はありませんでしたが、計算上ではプルームテックが一番安く済むことがわかりました。

でも、プルームテックもたばこを吸っているのとはまた違った感じで私はたばこの代わりにはなりませんでした。

myblueはコンビニやネットショップ、mybluの公式サイトからも購入することができます。
公式サイトではスターターキットの他に新規購入者限定のケース付きセットも販売されているので
気になる方はぜひチェックしてみてください。

以上、辛口レビュー!mybluの吸いごたえは?実際に使って感じたメリットデメリットでした。

-マネーコラム

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.